無敵?!引越しの交渉術

事前事後におこなう手続き

荷物をまとめたりするほかにも、引越しにはさまざまな手続きが生じます。
例えば住民登録、国民健康保険、国民年金、金乳幼児医療、老人医療などは転出手続きと、転入手続きが必要になります。
転入手続きに関しましては、移転後14日以内に新居の区役所へ行く必要があります。
ほかには印鑑登録や、児童手当、老齢福祉年金、原付自転車なども手続きが必要になります。
またよく使うものとして運転免許書に関するものを挙げられます。
原則として免許を受けた本人が、速やかに新住所地(引越し先)の公安委員会に記載事項変更届をしなければなりません。
これを怠ってしまいますと、「運転免許証更新のお知らせ」(はがき)が届かず、期限切れになってしまうこともありますので、注意が必要です。
必要な持ち物としては、住民票、健康保険証、学生証、社員証、身体障害者手帳、年金手帳、各種契約書、他官庁発給の許可証などが必要です。
市役所、役場で住所変更を行うと自動的に免許証の住所が変更になると思い込んでいる人もいるようですが、そうではありませんので注意が必要です。
詳しくは運転免許手続案内のサイトを参考にすると良いでしょう。
このように引越しにはさまざまな手続きが必要ですが、ほかにも粗大ごみなどの処理もやっておかなければなりません。
とくに粗大ごみに関しては、事前に予約が必要ですし、繁忙期には急がしくて予約できない可能性もあり、そうなると粗大ごみを新しい引越し先にもっていかなければいけなくなってしまいますので注意が必要です。
このように引越しにはさまざまな手続きが関係してきますので、引越しの前にはしっかり休みをとって準備をしておく必要があります。
なかには引越し業者が引越しの準備を手伝ってくれるものもありますが、上記のような手続きばかりは自分でやらなければなりませんので注意が必要です。
また手続きの種類によっては平日に手続きを行なわなければいけないものもありますので、会社に行っているのであれば有給休暇をもらうか、休みをもらうなどして準備をしたいものです。
Copyright (C)2016無敵?!引越しの交渉術.All rights reserved.